株式会社コベルコE&M

サステナビリティ

働きやすい環境づくり

HOME ⟩  コベルコ E&Mのサステナビリティ ⟩  社会 ⟩ 働きやすい環境づくり

働きやすい職場へ

全ての従業員が働きやすい職場となるよう、様々な取り組みに力を入れています。
国籍や性別などで差別されることのない社会の実現を目指します。
また当社は従業員意識調査を定期的に実施しています。
仕事への意識だけでなく、ダイバーシティへの意識、健康への意識へと、社員意識の向上に取り組んでいます

従業員の意識など、当社の取り組みを数値化したデータはこちら

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう

多様な働き方・キャリア形成を可能とする仕組みづくり
(ダイバーシティ推進)

WPW work-life balance planning for wise employee

当社のダイバーシティ推進体制は、2011年4月に発足したワーク・ライフ・バランスの実現取り組むワーキンググループ「WPW」(work-life balance planning for wise employee)からスタートしました。
2013年4月には、専門組織として「ダイバーシティ推進室」を新設し、多様な価値観・考え方・スキルを有する社員一人ひとりが、その能力を最大限に発揮できる環境づくりに向けて、研修の開催、情報発信等の啓蒙活動に取り組んできました。

WPWは継続して推進活動の中核を担っており、現在は本社管理部門、事業部の代表メンバー9名が活動しています。発足時は女性活躍推進をメインとしていましたが、2015年度からは男性社員もWPWに加入し、『年齢や性別に関わりなく、誰もがやりがいを持って働ける職場の実現』に向けて自ら企画立案した活動を進めています。
2020年度からは、ダイバーシティ推進活動を「経営戦略に欠くことのできない人材開発」の一環と考え、組織名称を「人材開発・ダイバーシティ推進室」と改めました。従来からの研修や情報発信に加え、モチベーションの維持・向上、組織の活性化・生産性向上に実践的に繋げていくため、多様な働き方・キャリア形成を可能とする仕組みづくりに取り組んでいます。

☆当社は兵庫県と2016年9月14日に「男女共同参画社会づくり協定」を締結しました。

ダイバーシティ推進の取り組み

クリック(タップ)で詳細をご覧いただけます。

キャリアビジョン構築
ワーク・ライフ・バランスの実現
多様な人材採用の推進
取り組みによる表彰や報道

2012年度
「こうべ男女いきいき事業所」

くるみん認定(2015年4月)

2015年度「ひょうご仕事と
生活のバランス企業表彰」受賞

県民情報番組『ひょうご発信!』
(サンテレビ2018年11月25日放映)

健康経営の考え方

当社では、健康経営の推進が、従業員の活力や組織の活性化をもたらし、結果的に業績や企業価値の向上につながり、私たちの目指す「イキイキワクワクした会社」を実現出来るとの考えから、社員の健康と家族の健康を第一に考え、以下の取組みを進めていきます。

  • 1会社は従業員と家族の健康を重要な経営課題と捉え、安全と健康を最優先する職場文化を醸成していきます。
  • 2会社は健康保険組合と共に、従業員一人一人が自らの健康管理に取り組むことを積極的に支援します。
  • 3「働き方改革」「ダイバーシティ推進」施策と共に、従業員と家族の健康保持、増進でワークライフバランスの実現と生産性の向上を目指していきます。

健康経営優良法人(大規模法人部門)ホワイト 500

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。当社は本認証制度導入より認定を受けており、2022年で6年連続認証を受けています。