Employee's Voice

働く社員の声

Voice入社を決めた理由

  • Voice 01

    プラントエンジニアリングというスケールの大きな
    仕事に魅力を感じたため。

    計電装設計
    プラント事業部 第二技術部/2012年入社/工学部 電気電子工学科

  • Voice 02

    大規模プラントである製鉄所の仕事に関わりながら、
    仕様確認から現地調査、設計、施工管理、試運転調整まで、
    すべての技術要素を習得できるため。

    受配電設備の更新工事
    電気計装部 計電工事室/2013年入社/工学研究科 電気電子工学科

  • Voice 03

    自分のやりたいことをやらせてもらえる
    チャレンジ精神のある社風に惹かれました。
    実際に、自分の能力にあった範囲で希望の仕事を
    任せてもらえるので、
    成長を実感しながら仕事に取り組むことができています。

    電気制御機器の更新業務
    電気計装部 電気計装技術室/1999年入社/海洋電子機械工学課

  • Voice 04

    「人が命、技術が命」というスローガン通り、
    教育に力を入れています。
    希望すれば受けたい研修を受講することができ、
    エンジニアとしての知識を深めることができます。

    設備メンテナンス
    神戸事業所 整備部 電気計装室/2015入社/電気電子システム工学科

  • Voice 05

    「10年間で世界中どこへ行っても通用し、必要とされるエンジニアに育てる」という言葉に惹かれました。
    ブラザー制度や階層別、
    専門別研修など人材育成制度が充実しているため、
    この会社に決めました。

    電気工事の設計、施工管理
    加古川事業所 電気計装部/2015年4月入社/電気情報工学科

  • Voice 06

    見積から設計、製作、現地工事、試運転まで、
    トータルエンジニアリングができること。
    また、ずっと同じ仕事を行うのではなく、
    様々なお客様の設備に関する仕事ができるため。

    制御システムの設計・製作
    電気計装部 電気計装技術室/2012年入社/電気工学科

  • Voice 07

    工場を動かすシステムの要件定義から運用まで
    一貫して行うというスケールの大きい仕事ができるため。

    製鉄所内の工場を管理するシステム開発・運用
    システムエンジニアリング部 プロコン技術室
    2012年入社/工学部 知能情報工学科

  • Voice 08

    開発したシステムを納めたら終わり、
    パッケージソフトを売ったら終わりではなく、
    作ったシステムを改善、改良し育てていけるような環境で
    仕事をしたいと思い入社しました。

    システム開発
    システムエンジニアリング部 プロコン技術室
    2017年入社/理工学部 情報科学科

  • Voice 09

    製鉄所内の設備やプラントなど、
    一つの機械・機器だけでなく、
    幅広い設備の設計ができる環境で仕事をしたいと思いました。

    化学プラントの配管設計
    プラント事業部 第二技術部 配管技術室
    2013年入社/理工学部 機械工学科

Voice仕事のやりがい

  • Voice 01

    毎日、何か新しいことを知ることができることです。
    製鉄所の生産設備はもちろんですが、
    大学では学ばなかったことに毎日触れることができます。

    鉄鋼生産設備の施工管理
    電気計装部/2014年入社/工学研究科 電気系工学専攻

  • Voice 02

    「製鉄所の主役は機械」と思われがちですが、
    実際は電気の仕事も非常に重要です。
    製鉄設備は重厚長大の典型ですが、
    それだけに制御や電源設備には高い信頼性が要求されます。

    電気機器設計
    技術部 計電技術室/2007年入社/電気電子システム工学科

  • Voice 03

    プロセスコンピュータシステムを、
    開発から保守・改善に至るまで一貫して請け負っています。
    通常のソフトウェア会社では経験できないほど、
    お客様とエンドユーザーが身近におり、
    より使いやすいシステムを作ろうという意欲がわきます。

    プロセスコンピュータシステムの構築
    システムエンジニアリング部 プロコン開発室
    2007年入社/工学部 工学研究科

  • Voice 04

    各自治体の環境システムの屋台骨となる
    環境システムパッケージを手掛けています。
    Web開発という特性上、
    パッケージの機能向上に貢献していると目に見えて分かり、
    やりがいを感じます。

    環境システムの開発・保守業務
    システムエンジニアリング部 環境システム室/2014年入社/情報システム科

  • Voice 05

    開発に携わったシステムが自治体のHPに公開され、
    広く市民の方に見ていただけることが
    仕事へのやりがいになっています。

    自治体向け環境情報管理システムの開発・保守
    計電本部 システムエンジニアリング部
    2016年入社/情報理工学部 メディア情報学科

  • Voice 06

    火力発電所のベルトコンベヤの設計を手掛けています。
    設計したものが形となり、
    製鉄所の一部として稼動しているのを見たときは
    設計者としての喜びを感じます。
    自分の仕事が形として残るのがこの仕事の醍醐味です。

    プラント設備の設計
    第一機械技術部 機械技術室/2012年入社/理工学部 機械工学科

  • Voice 07

    風力発電関係の実証試験設備の配管設計を行っています。
    自分が携わったプラントが問題なく動いている事を
    確認した時に仕事のやりがいを感じます。

    化学・エネルギープラントの配管設計
    プラント事業部 エンジニアリング部/2012年入社/工学研究科

  • Voice 08

    自分の考案した省エネルギー改善を実施し、
    期待通りの効果が得られた時。
    また、大規模な炉を間近に見ることができるため、
    迫力があります。

    熱設備における省エネルギー改善
    機械技術部/2013年入社/理工学部 機械工学科

Voice社風・職場の雰囲気

  • Voice 01

    入社後の研修がしっかりしており、
    研修期間中に仕事を行う上での基礎知識を
    身につけることができるため、
    配属後スムーズに仕事を行うことができます。

    工事設計及び施工管理
    機電事業部 計電本部/2016年入社/工学部 電気電子システム工学科

  • Voice 02

    職場の雰囲気は風通しが良く、
    技術面での検討では組織の垣根を越えて
    気軽に話し合うことができます。

    電気工事設計及び施工管理
    機電事業部 計電本部/2006年入社/工学部 電子工学科

  • Voice 03

    製鉄所の仕事は多岐にわたっており、
    専門家にしか分からないことが多数あるため、
    「分からないことは専門家に聞く」ということが
    当たり前の環境です。

    電気機器設計
    技術部 計電技術室/2007年入社/電気電子システム工学科

  • Voice 04

    自由意志が尊重されており、
    ワークライフバランスの取りやすい雰囲気の会社だと思います。
    また、カフェテリアプランや計画年休制度など、
    福利厚生が充実しています。

    環境システムの開発・保守業務
    システムエンジニアリング部 環境システム室
    2014年入社/情報システム科

  • Voice 05

    福利厚生が手厚く、社内の休暇制度について分かりやすく
    記載されているマニュアルなどもあります。
    有給休暇は年間で一定以上、
    計画的に取得するよう上司に指導してもらえます。

    製鉄所内の工場を管理するシステム開発・運用
    システムエンジニアリング部 プロコン技術室
    2012年入社/工学部 知能情報工学科

  • Voice 06

    独身寮は家賃・駐車場代を安く済ませることができるので、
    貯金が貯まります。
    また、食堂もあるため、
    自炊ができない人でも朝夕のご飯を注文することができ、
    健康な生活を送れます。

    自治体向け環境情報管理システムの開発・保守
    計電本部 システムエンジニアリング部
    2016年入社/情報理工学部 メディア情報学科

  • Voice 07

    若いうちから責任のある仕事を任せてもらえます。
    困ったことがあれば、部署全体で解決する職場風土なので、
    安心して自分のやりたいように仕事を進められます。

    機械設備の設備計画・設計、施工管理
    機電事業部 機械本部/2007年入社/工学部 産業機械工学科

  • Voice 08

    男性社員が育児休業を取ることにも理解があり、
    積極的に取り組んでいる会社です。
    私自身、出産から1ヶ月間の育児休業をいただきました。
    第1子の出産に向けて夫婦共に不安がありましたが、
    上司に育児休業の取得を相談したところ快諾していただき、
    1ヶ月間育児に集中することができました。

    製鉄関連設備の設計
    機電事業部 機械本部/2007年入社/工学部 機械知能工学科